花蘭咲からんさの育毛期間中気をつけたこと

花蘭咲の育毛期間中気をつけたこと

花蘭咲を使っている間にもっと育毛効果をUPさせるような方法はないかと思い、ネットや文献で色々と探してみることにしました。

 

するとどうやら薄毛・抜け毛と食生活には大きな接点があることが分かりました。今回は私が学び実践したことを皆さんにもお伝えしたいと思います。

 

 

タンパク質と髪の関係

髪と密接な関係がある食生活。普段私たちが何気なくとっている食事にはいろいろな栄養素が含まれています。

 

特にタンパク質と亜鉛、ビタミンは髪の形成にかかわってくる大事な栄養素となるのです。中でもタンパク質は髪に良いと聞いたことがある人もいると思います。タンパク質は筋肉や血液など人の身体を作っていくうえで必要不可欠な成分になります。しかしこのたんぱく質が不足してしまうと髪の毛にも栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

タンパク質を多く含む食材としてはお肉や大豆、乳製品、卵などがタンパク質などが代表に挙げられますね。1日3食バランスよくタンパク質を含む食材を取り入れることで、より育毛剤の効果をあげられると思いました。

 

 

ビオチンの有効性

ビタミンは色々と種類がありますが、特にビオチンが良いと言われています。

 

ビオチンは皮膚や毛髪の健康維持をしてくれる髪とかかわりが深い成分なんです。またビオチンをとることで、ハリのある弾力肌へと導いてくれますし、コラーゲンの生成もしてくれるので女性にとっては嬉しい成分なんです。

 

ビオチンを多く含む食べ物としては牛や豚の肝臓(レバー)、魚類(かれいやいわしなど)が挙げられます。普段なかなかとらない食べ物なだけに不足しがちな成分ですが、しっかりとりたいところですね。

 

 

亜鉛は髪に良い?

亜鉛は髪に含まれているタンパク質を髪の毛へと構成するために必要不可欠な成分です。どんなに私たちが食事でタンパク質を補おうともこの亜鉛がなければまったく意をなさないわけです。

 

本当に薄毛対策をしたい!と考えているならばタンパク質と亜鉛をバランスよくとらなければいけません。亜鉛を多く含む食材としては牡蠣や、牛もも肉、カズノコがあげられます。

 

 

私は食生活でなるべくタンパク質やビオチン、亜鉛をバランスよく取り入れようとしたのですが、さすがに亜鉛をとり続けるのは難しかったので、サプリメントで補給することにしました。
某美容整形クリニックの先生も亜鉛サプリで薄毛対策をされていたので、私も普段の生活に取り入れていました。
育毛剤だけでなく普段の食生活にも意識して髪に良い栄養を取り入れたいですね。

 

【特許取得】花蘭咲(からんさ)公式ページはこちら

 

 

 

 

 

お役に立てましたら、シェアしていただけると幸いです。

  このエントリーをはてなブックマークに追加